FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田慶次はある意味バカまっしぐらですwww

マジで「花の慶次」の登場人物をリサーチ開始!登場人物っていったって、たくさんいるからねぇ…最後まで諦めずに書ききれるのか?!(笑)

前田慶次とは戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将で、前田利家の義理の甥。武勇に優れ、古今典籍にも通じた文武両道の将だったが、奇抜な振る舞いを好むカブキ者としても知られた。

戦国一の傾奇者(かぶきもの)といわれていて、戦国無双なんかにもでてるし、あのパチンコで有名な花の慶次(もとはジャンプの漫画)の主人公でもある前田慶次郎・・・ 俺の中では圧倒的な強さを持っていてすげえって感じです ...ケンシロウもビックリしてるでしょう 笑

前田慶次のそばには、松風という名馬がいました。 偉人のそばには、いつも優秀な動物がいるもの。 それは名馬のみならず、ネロにおけるパトラッシュのように、 スターリングにおけるラスカルのように。ん?松風はパトラッシュのパクリ?んなわけないですよね!でもあれだけかっこいいんだからパクリでもアリ!

前田 慶次郎の言葉にこんなのがある。 『生きる迄生きたら、死ぬるで有ろうと思う。』 う~ん、これ、見事じゃと思わん?

一見、当たり前で、なんでもない阿呆の戯言のようにもとれるが(笑)

今を精一杯生きる!って意味に聞こえるから結構好き!

傾奇者の前田慶次が、上杉に仕えたわけは、上杉景勝や直江兼続の人柄に惚れこんだためといわれます。

「天下広しといえども、真に我が主と頼むは会津の景勝をおいて他にあるまい」 というほどでした。良いものは良い!と素直に認めてそれを貫くあたりが 武勇に優れた傾奇者という印象ですね!

おねえさま方が大好きな伊達政宗・真田幸村・前田慶次はある意味バカまっしぐらですwww 今を生きる俺たちにはない、頑固者だったんじゃないのかな?と思うわけですよ

武勇に優れ、一流の教養人でもあったが、奇抜な衣装と行動を好むカブキ者。 ゲームや漫画での話題が多い彼ですが、慶次郎を記した歴史史料はじつは本当に少ないです。 そして、少ない史料には、本当に面白いエピソードばかり なのだろうと期待してしまいますね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。